【脂肪燃焼スープダイエット】6種類の野菜で痩せられる理由とは?

野菜を使って作る「脂肪燃焼スープダイエット」は短期間で痩せることができるダイエット法として幅広い世代に人気があります。しかし野菜スープを飲むだけで痩せる理由を詳しく知っている人は少ないようです。今回はその理由とレシピを合わせてご紹介します。

スープダイエット、飽きずに食べたい!

継続できなければダイエットは意味がありません。スープダイエットは一定期間野菜スープを飲むダイエット法です。食べたい欲求を我慢しながら毎日野菜スープだけを食べるので、同じような味で飽きてしまっては続きません。飽きないようにスープの味や具材の野菜に変化をつけることが大切です。

スープダイエットとは?

「脂肪燃焼スープダイエット」とは大きく分けて2種類のやり方があります。長期決戦型と短期決戦型です。短期決戦型は野菜スープを1週間飲み続けるダイエット法でが、その他色々と細かなルールがあります。長期決戦型は、1日3食のうち1食をスープに置き換えるダイエット法です。

ダイエットに必要な経費は基本的には野菜スープを作るための材料費だけなので、気軽にはじめられることができるダイエット法です。ダイエットを始めることによる、経済的な負担が少ないことも魅力の一つといえるでしょう。

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)の紹介

「脂肪燃焼スープダイエット」は、野菜スープをお腹いっぱいになるまで飲んでも大丈夫です。イメージ的にダイエット期間は常に空腹を想像しますが、このダイエット法はひたすら野菜スープを飲むダイエット法です。野菜スープを、お腹いっぱいになるまで飲んで良いのです。

このダイエット法を始めると、自然に野菜の摂取量が今までの生活と比べて大幅に増えることになります。このダイエットの効果として、野菜に含まれる食物繊維の影響でお通じが良くなり、体の中に溜まっている老廃物を速やかに排出するデトックス効果が得られます。簡単に言えば、「解毒効果」を得ることができます。

体の中の老廃物が排出されれば、腸からの栄養の吸収も良くなり血液やリンパの流れも良好になります。そうなることで新陳代や免疫力も上がり、ダイエット効果以外に身体全体にも良い影響がでることに期待が持てます。

ダイエットのやり方は?

野菜スープを、お腹いっぱいたくさん飲むダイエット法です。短期型「脂肪燃焼スープダイエット」には細かなルールがあります。

ルールとしては、アルコールは飲みません。なぜなら、アルコールは脂肪燃焼を妨げるからです。甘い物の摂取は控えて下さい。野菜スープだけの摂取で脂肪を燃やしエネルギーに変えるため、糖質の摂取は控えなければいけません。水分は水、お茶、ブラックコーヒーのみでカロリーゼロのものを飲み、甘い飲み物は避けましょう。炭水化物も糖質がほとんどなので、ダイエット中の摂取は止めて下さい。

このダイエットは7日間の食事のメニューが全て決まっているので、決まったメニューに沿って実行しましょう。

7日間のメニュー

短期型脂肪燃焼スープダイエットの7日間の、大まかなメニューをご紹介します。

  • 1日目:スープとフルーツを摂取します。フルーツはバナナ以外なら何を食べても大丈夫です。
  • 2日目:スープと野菜を食べて下さい。野菜の調理法は油を使用しなければOKなので生野菜のドレッシングに入っているオイルに注意しましょう。
  • 3日目:スープとフルーツと野菜を摂取します。量は好きなだけ食べてOKです。
  • 4日目:スープとバナナ、スキムミルクです。バナナ3本、スキムミルク500mlを必ず摂取しましょう。バナナシェイクにすると飲みやすくなります。
  • 5日目:スープとお肉とトマトです。お肉は牛肉の赤身か茹でた鶏肉もしくはお魚でも良いです。量は350g~700gまでです。お水を6杯~8杯飲んで尿酸の排出を促しましょう。トマトは6個までで、スープは必ず1杯は食べて下さい。
  • 6日目:スープと牛肉と野菜です。お肉の量は決まっていないので好きなだけ食べてもOKです。野菜もベイクドポテト以外なら何を食べても大丈夫です。スープは必ず1杯は飲みましょう。
  • 7日目は玄米と野菜とフルーツです。100%果汁のジュースを飲んで、野菜スープを1杯は必ず飲みましょう。

6種類の野菜の栄養や効果は?

このダイエットのなによりも大切な、野菜スープの内容をお話していませんでしたね。大切な野菜スープの具材の、6種類の野菜の栄養と効果をご紹介しましょう。

基本のレシピは6種の野菜で

  • トマト:リコピンとビタミンが多い野菜です。特にリコピンは、細胞が老化することを防ぐ効果が高い抗酸化作用があります。
  • ニンジン:カロチンが豊富な人参は、トマト同様抗酸化作用が高い野菜です。体をあたためる作用があるので、冷え性改善にもおすすめです。冷え性が改善することで代謝が上がり、痩せやすい体になります。ニンジンが苦手な人は、ホウレンソウや小松菜を使ってもOKです。
  • マイタケ:キノコ類は食物繊維の豊富な野菜です。特にマイタケにはグリスリンという成分が豊富に含まれており、内臓脂肪を燃焼する作用があるので野菜スープには欠かすことなく入れたい野菜です。
  • 玉ネギ:血液をサラサラにする成分が豊富なことで有名な野菜です。代謝を上げてくれるので、ダイエットにはもってこいの野菜です。血栓や動脈硬化予防に効果の高い野菜です。
  • セロリ:カリウムやカルシウムが多く、ミネラル不足が心配な野菜スープに必ず入れたい具材です。ビタミンや食物繊維が豊富なので、セロリは野菜スープに取り入れて欲しい野菜の1つです。
  • キャベツ:ビタミンCと食物繊維が豊富です。また火を通したキャベツは、体を錆びさせることで有名な活性酸素の除去が、生で食べる時の5倍になります。是非スープで使用したい野菜です。キャベツの代替え野菜として、アスパラガスやブロッコリーでも大丈夫です。

基本のダイエットスープの作り方

脂肪燃焼スープダイエットの基本となるスープの作り方をご説明します。

《材料》

トマト3個・玉ネギ3個・セロリ1本・キャベツ半玉・ニンジン1本・ピーマン1個

コンソメスープの素(ブイヨン・和風だしでもOK)

  1. 野菜をすべててき適当な大きさに切る。(トマトは缶詰の水煮400gでもOK)
  2. 鍋にすべての野菜を入れて水をひたひたに入れ野菜を煮る。
  3. コンソメの素を入れて、野菜が柔らかくなるまで煮る。(水が少なくなったら途中で水を足す)

ダイエットスープのアレンジレシピ紹介

基本の脂肪燃焼スープに一工夫を加え、アレンジレシピで味にバリエーションをつけましょう。味にバリエーションがつくことで、飽きずにスープダイエットが継続できます。

基本の野菜スープに豆乳を加えるだけで、スープの味がまろやかになり、見た目も味にも変化がつきます。基本のスープにキムチを入れれば、カプサイシン効果で更に脂肪燃焼効果が上がり味にも変化がつきます。

スープダイエットの種類にはこんなものも

スープを飲んで痩せるダイエット法は、脂肪燃焼スープダイエット意外にもあるのでご紹介しましょう。

野菜スープダイエット

一日の総カロリーを抑えるために、朝と夜だけ野菜スープを飲んでカロリーダウン効果でダイエットする方法です。朝は野菜スープとごはん130gとゆで卵とチーズ、昼は好きな物、夜はスープのみです。

白滝などを使った低カロリーのスープ

スープの中に白滝や春雨などのカロリーゼロの食品を入れて低カロリースープで空腹を満たし、通常の食事からカロリーダウンして痩せるダイエット法です。

お腹いっぱい食べておいしくダイエット”

痩せたいけど、食べたい気持ちを抑えてのダイエットは辛いものです。辛いだけだと、ダイエットはなかなか続きません。継続できなければダイエット効果を得る事ができません。脂肪燃焼スープダイエットは野菜をたくさん摂取できるので、健康に痩せることができ美肌にもなります。身体にとっては良い事ばかりなので、お腹いっぱい野菜スープを食べてスリムな体型を取り戻し、お洒落を楽しみ身体も心も軽やかに生活しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です