ブルーライトの影響で寝られない!寝る前にスマホは見ちゃダメ?

最近なんだか寝られないのはブルーライトのせいかも…。と気になっていませんか?そもそもブルーライトが何なのかわからない方も多いと思います。今回はブルーライトの特性と睡眠障害との関係、対策までまとめて解説しますよ。寝れなくて悩んでいる人は必見!

ブルーライトの影響で睡眠不足?

パソコンやスマホから出ているブルーライト、睡眠を邪魔すると多くの人に知られるようになりました。オフィスワークをしている身にとっては普段からブルーライトを浴びていますから、気になるところですよね。

そもそもブルーライトとは

可視光線の中で最も強いエネルギー

ブルーライトは、波長が380~500ナノメートルの青色の光のことです。人の目に見える光線の中では、一番強力なエネルギーがあります。パソコンやスマホを中心としたディスプレイや照明など、LEDには、ブルーライトが多く含まれています。

覚醒効果

ブルーライトは眼に大きな影響を与え、長時間浴びることで疲労につながるといわれています。また覚醒効果もあるため、夜に多くのブルーライトを浴びると眠りにくくなってしまうのです。

良い効果もある

しかし、そもそもブルーライトはLEDだけに含まれるものではなく、自然界に元から存在していた成分です。ブルーライトの持つ覚醒効果は、脳を活性化させることができます。朝に青空を見上げることはすっきりした目覚めをもたらします。ブルーライトは単なる害悪ではありません。

ブルーライトの影響

体内時計が狂う

人間の体には一定のリズムがあり、体内時計とも呼ばれています。ブルーライトを浴びると覚醒時間が長くなり、体内時計のリズムが乱れます。朝起きられなくなる、眠気が取れないなどの弊害をもたらします。

眼精疲労

ブルーライトは眼精疲労をもたらすので、画面を見て行うでは適度に休憩を取ることが推奨されています。厚生労働省は1時間に10分間としていますが、現実的にはこれほど頻繁に休憩をとっている人はかなり少ないのではないでしょうか。

不眠になる

夜に浴びることで不眠になりやすくなります。夜、どのようにブルーライトに向き合うのか対処が必要です。

ブルーライトの影響を少なくするには

寝る前にスマホを見ない

最もかんたんにできる工夫としては、寝る前にスマホを見ないこと。寝る前についいじってしまう人は、本や雑誌・新聞などに変えてみてください。

カットフィルターを使う

夜に家で仕事をしなくてはならない人の場合、カットフィルターを使ってブルーライトを減少させることがおすすめです。

 

オフィス用具でおなじみのELECOM(エレコム)は、貼るだけでかんたんに使える液晶フィルターを販売しています。ブルーライトを48%カットする効果の他に、映りこみを防止し、指紋が付きにくいという特徴も備えています。

 

http://www2.elecom.co.jp/accessory/filter/index.html

 

iPhone用にはブルーライトを92%もカットしてくれる保護フィルムなどがあります。液晶保護のついでにブルーライト対策にもなって便利ですね。

https://www.amazon.co.jp/Farfalla-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8892-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88-CORNING-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B05%E6%99%82%E9%96%93%E6%96%BD%E5%B7%A5-%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E6%B6%B2%E6%99%B6%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0/dp/B01LWTFAGX/ref=sr_1_1?s=electronics&ie=UTF8&qid=1484831628&sr=1-1

 

 

PCメガネの利用

数年前から流行しているPCメガネは、ブルーライトをある程度カットしてくれるもの。JINS-PCが有名ですね。度が入っていないものもあるので、目が悪くない人やコンタクトをつけている人も使えます。

良い睡眠をとるための工夫

朝の太陽を浴びる

体内時計を狂わせないために、朝は太陽の光をきちんと浴びましょう。特に朝の通勤時間が短い人や通勤であまり歩かない人は、できればベランダなど外に出ることがおすすめです。

日中に軽い運動をする

日中に軽く運動すると、程よく体が疲れるので眠りにつきやすくなります。手軽にできるのはウォーキング。一駅分歩くだけでもずいぶん違いますよ。慣れてきたら20分以上歩くのがおすすめ。

寝室の環境を工夫する

夜眠りにつきやすくするには、間接照明をつけて部屋を暗めにしたりアロマを用意したりすることがおすすめです。視覚・嗅覚を通して脳に落ち着きをあたえて、眠気を催すのが目的。ハーブティーなど温かい飲み物を飲むのもよいです。

せめて寝る前のスマホはやめたい!

ブルーライトはもともと自然界に存在する光線ですが、パソコン・スマホなどのデバイスが増えたことによって、長時間にわたって夜もブルーライトを浴びる人が多くなりました。その結果体内時計が狂い、不眠状態になる人が増えています。ブルーライトをカットするフィルムやメガネを使い、ブルーライトからの影響を少なくすると良いです。夜寝る前はスマホはやめて、本や雑誌を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です